中国系の動画投稿アプリ「TikTok」について、アメリカメディアは、事業の売却交渉が中断し、保留状態にあると報じた。

ウォールストリート・ジャーナルは1日、関係筋の話として、「TikTok」を運営する中国企業・バイトダンスと、アメリカ国内の事業の買収交渉を行っていたマイクロソフトが、交渉を中断したと報じた。

7月31日には、複数のアメリカメディアが、トランプ大統領が大統領令を出して、事業の売却を命じる方針だと報じたが、この日にトランプ大統領が、あらためて利用禁止の可能性に言及したことから、マイクロソフトは真意の確認を試みているという。

一方、ロイター通信は、バイトダンスが、アメリカの事業をマイクロソフトに完全に売却する方針を固めたと伝えている。