安倍首相は1日、これまでつけ続けてきた布製マスク、いわゆる「アベノマスク」とは違う布製マスクをつけて官邸で公務に臨んだ。

新型コロナウイルス対策の会議のため官邸に現れた安倍首相は、「アベノマスク」より少し大きめの布製マスクをしていた。

安倍首相は、4月1日に全世帯への布製マスク配布を表明し、自身も4カ月間、「アベノマスク」を着用し続けてきた。

政府関係者によると、新しいマスクは福島県でつくられたもので、復興支援の思いを込めて着用したのではないかという。