佐賀市の佐賀城本丸歴史館開館16年周年を記念して、佐賀藩にゆかりがあるカノン砲の祝砲を撃つイベントが佐賀市で開かれ、親子連れなどが号砲の迫力を間近で体感しました。

【お母さんと男の子】「ドーン(お母さん)怖い」【青い服の男の子】「こわくなかった」

カノン砲の祝砲イベントは開館記念日に合わせ、佐賀市の佐賀城本丸歴史館がおととしから開いているものです。カノン砲は佐賀藩が幕末に国内初の反射炉を建設し大砲を製造した偉業を記念して1977年に復元されたもので、5発の空砲が掛け声とともに一発ずつ放たれると、訪れたおよそ50人の親子連れなどから拍手が沸き起こっていました。