優勝候補筆頭の明徳対第4シード高知商業の注目の一戦。

3回、明徳の攻撃2アウト満塁のチャンスで6番竹下。

ライト前2点タイムリーを放つなど

この回3得点で勢いにのります。

さらに5回2アウト1塁で馬淵監督がドラフト候補に推す1番・奥野。

フェンス直撃の当たりで俊足を生かし3ベースヒットにします。

明徳はこの回打者一巡の猛攻で一挙7点を奪い

10対0のコールドで決勝に駒を進めました。

また第2試合は高知が岡豊に4対2で勝利。

決勝はあす午後2時から春野球場で行われます。