兵庫県では、直近1週間の1日当たりの感染者の平均が40人を超えたため、独自の警戒レベルを5段階のうち最も高い、「感染拡大期2」に引き上げました。

これに伴い兵庫県は、PCR検査をこれまでの2倍以上となる最大1日2500件にすることや、無症状者や軽症者が療養する宿泊施設を500室から700室に増やすことを決めました。

一方で休業要請については見送られました。

【兵庫県・井戸敏三知事】

「休業要請の効果が本当にどこまであるのか、立証されていない。慎重に検討する必要があるのではないか」

兵庫県は県民に対し、大人数での飲み会を控えるよう呼びかけています。