県内では1日新たに11人の感染が確認されました。このうち、熊本市のガールズバーを利用した40代男性の「陽性」が判明、この店での感染確認はあわせて5人となり熊本市内では初めてのクラスターが発生しました。熊本県と熊本市によりますと、1日感染が確認された合志市に住む会社員の40代男性は今月19日に熊本市中央区のガールズバー、『ネオバービーいきなり団子本店』を利用していました。この店では、これまでに10代から20代の女性従業員3人と利用客の「陽性」が判明。1日合志市の男性の感染確認によってあわせて5人が「陽性」となり、いわゆる『クラスター』が発生したとして熊本市は厚労省のクラスター対策班の出動を要請しました。また、熊本市は、今月19日から26日までにこの店を利用した人は新型コロナ相談センターに相談してほしいと呼びかけています。このほか、1日はすでにクラスターが発生している山鹿市の介護老人保健施設の入所者と職員の濃厚接触者のあわせて6人が「陽性」。長洲町にある造船会社でも男性社員1人の感染が確認されました。また、荒尾市で1人、熊本市で2人の「陽性」が判明しました。これで熊本県内の感染者は201人となりました。