7月30日に福島県郡山市で発生した爆発事故。

被害を受けた周辺の建物は184棟に上ることが消防本部の調べで分かった。

また、消防本部は「何らかの原因でガスに引火して爆発した可能性が高い」としている。

<爆発事故の被害はどの範囲まで及んだのか…>

【事故現場から半径300m】桑野協立病院や郡山女子大学附属高校では窓ガラスが割れるなどの被害。

【事故現場から半径400m】郡山女子大学でも食堂のガラスが1枚割れた。また、スーパー鎌倉屋では窓ガラスが割れ事故の影響で売り上げも落ちているという。

事故の影響は市民生活や経済活動にも及んでいる。