北海道室蘭市の室蘭市教育委員会は7月31日、新型コロナウイルスの感染に伴い30日から「休校」している学校の濃厚接触者にあたる児童や家族のPCR検査を実施したところ、すべて陰性だったことを明らかにしました。

 室蘭市では、29日に10歳未満の小学生(性別非公表)の感染を発表し、当該学校を30日から休校とし、消毒作業も実施しました。

 当該児童の濃厚接触者にあたる児童や家族のPCR検査を実施したところ、すべて「陰性」が判明し保護者へプリントを配布したということです。

 当該学校は当初8月5日に終業式を予定していましたが、終業式は行わず3日から前倒しで夏休みに入るということです。