鳥取県は30日午後8時、PCR検査の中から県内11例目となる感染者が確認されたことを明らかにした。鳥取市在住の40代男性で新日本海新聞社の社員。29日に感染が確認された市内の40代男性(県内10例目)の接触者。この男性は、24日(金)に10例目の感染者とそのほかの友人2人と市内の複数の飲食店で会食をしていた。27日(月)に続いて28日(火)も会社に勤務していたところ喉の痛みの症状が出たとしている。29日(水)はテレワークをしていた。30日(木)は休暇で、10例目感染者の接触者としてPCR検査を受けたところ陽性が判明した。ただ詳しい感染経路は分かっていない。男性の家族は3人で、今後濃厚接触者としてPCR検査を実施する。鳥取市内では、28日に20代男性(県内7例目)とその友人の20代女性(県内8例目)、29日にも50代女性(県内9例目)と40代男性の感染確認が相次いでいて、3日連続で感染者が報告されている。