「あやしたのに泣き止まず…」 父親が長男を虐待

12月6日、生後4ヵ月の長男の顔を殴ってケガをさせた疑いで逮捕された千葉県庁職員の男…長男は日常的に虐待を受けていた可能性があり、容疑者の男は育児休暇中だったという。

11月下旬、千葉市内にある自宅アパートで実の子である乳児の顔を殴ったとみられている千葉県庁の職員・石谷健二容疑者(23)。

事件発覚のきっかけは、12月5日病院から児童相談所に「多くのケガをしている男の子がいる」という連絡が寄せられたことだった。

長男の顔のケガは軽傷であったものの、病院では頭部骨折、肋骨骨折、肺挫傷、肝臓損傷などのケガが確認された。

その後、児童相談所から通報を受けた警察が事情を聞いたところ暴力を認めたという石谷容疑者。

「一生懸命あやしているのに泣き止まなかったため殴った」と話しているという。

「育児に積極的」だった容疑者なのに…

石谷容疑者が千葉県庁に入庁したのは5年前。

2019年7月には長男が生まれ、8月1日から育児休暇を取得していて、11月15日には同じ県職員である妻と生まれたばかりの長男を連れ、職場を訪れていたという。

育児休暇は12月27日までの予定だったが…

千葉県総務部・岡田慎太郎課長:
全く信じられないの一言です。自分から子育てに積極的に参加しようとして育児休業を取ると決断してくれた職員なので…明るくて真面目な青年だと私は思っておりましたので、(訪問時は)会話しましたが、変わらずという印象。

2019年1月、千葉県野田市で小学4年生の栗原心愛(みあ)さんが虐待死した事件を受け、県を挙げて再犯防止に努めていたという千葉県。

県職員である石谷容疑者の逮捕を受け、千葉県の森田健作知事は「職員がこのような件で逮捕されたということは、県民に対して誠に申し訳なく思っております」と話した。

Live News it!のスタジオで番組コメンテーターの吉田潮さんは…

コラムニスト・吉田潮さん:
これがニュースになるというのは「公務員である」ということと「男性の育休中」というところだから報道されているわけですよね。これが、育休を取ろうと思っている男性の心を挫く、という風になってほしくないと思っています

加藤綾子キャスター:
今やっとこういう流れが浸透してきたばかりなのに、本当に残念ですよね

暴力を受けた長男は現在も入院中で、命に別条はないということだが、警察は日常的に虐待を受けていた可能性があるとみて調べている。

(「Live News it!」12月6日放送分より)

【関連記事】増える児童虐待…子どもの命を守るべき児童相談所で何が起きているのか?
【関連記事】児童虐待相談件数過去最多の中「相談ホットライン189」が無料化 現場の児童相談所は対応できるのか
【関連記事】 見ているだけで心が痛い…子ども視点で児童虐待を“疑似体験”する動画に込めた思いを聞いた