3日、台湾東部で発生したマグニチュード7を超える地震では、9人の死亡が確認されたほか、多くの人が行方不明になったり閉じ込められたりしている。

最も大きな被害が出た台湾・花蓮市に、FNN上海支局・沖本有二支局長が入った。

3日、台湾で発生した地震では、地元メディアなどによると、これまでに9人の死亡と1011人のけがが確認されている。

最も被害が大きかった花蓮県の市街地にあるビルでは、住人1人が死亡、一時22人が閉じ込められた。

ビルの住人「家に戻ったら、目の前が崩れた。もう少し早く帰っていたら死んでいた」

また、落石や斜面の崩落も相次ぎ、山あいの観光地や鉱山などで、あわせて143人が連絡がつかなかったり、閉じ込めにあったりしている。

現地では今も地震が相次いでいて、4日も細心の注意を払いながら救助活動や復旧作業が進められる。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

国際取材部
国際取材部



世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。