髪色の悩みを解決する新しい提案。

「すぐに色落ちする」、「髪の毛が痛む」、「手入れが難しい」といったヘアカラーの悩みに応える新たなブランドが誕生した。

3日、発表されたのは、ホーユーと博報堂が設立したiropが展開するヘアカラーケアブランド「irop」。

髪色を長持ちさせたい人に向けたカラーシャンプーやトリートメントなど、自宅で使うヘアケア商品をお披露目した。

特徴は、日本初の“パーソナル診断”を使用したサービス。

オリジナル診断ツール「髪色ケア診断」で、髪色や髪質についての質問に答えると、自分の髪に合ったヘアカラ―ケア商品を提案してくれる。

髪色で自分らしさを表現してほしいという。

イロップ代表取締役・高橋洋介さん「髪色自由化の中で、色選びに失敗してしまった、ダメージしてしまったという方多いと思うが、プライベートだけではなく、オフィシャルにも、まずは楽しんで、自分の自信を持っていただけるような、カラーケアというジャンルを皆さんに広めていきたい」