小林製薬の紅麹を含むサプリメントで、健康被害が確認された問題をめぐり、富山県内では1人が症状をうったえていることがわかりました。

3日の定例会見で知事が説明したもので、小林製薬が製造・販売する紅麹を使ったサプリメントなどをめぐり、富山県内の各厚生センターや富山市保健所へ2日までに3件の相談が寄せられているということです。

このうち1件は、関連商品を摂取したのち症状が出たことをうったえていて、県は厚生労働省に報告しました。

厚生労働省によりますと、この問題では2日時点で全国では177人が入院、また医療機関を受診した人は、のべ998人と1000人近くにのぼっていることが明らかになっています。

県は、不安があれば最寄りの厚生センターなどに相談してほしいとしています。

富山テレビ
富山テレビ

富山の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。