中国で、観光客を店内に監禁して商品を無理矢理買わせようとした寝具店やツアーガイドが摘発された。

観光客がSNSに公開した動画には、観光地にある寝具の販売店で、売り場のベッドに座り込む人々が映されている。客としてくつろいでいるのではなく、全員旅行客だという。人数は37人で、昼から店に閉じ込められていると訴えている。

映像は3月26日に、中国・雲南省の観光地、シーサンパンナ・タイ族自治州で撮影され、観光客は、約8万円の格安ツアーの参加者だ。そのツアーの途中で、この店に案内されたという。

観光客は、「ここはシーサンパンナのマットレスを売っている場所。わたしたちは閉じ込められて、どこにも行けない。みんな撮影しよう! 撮って撮って! みんな撮って! ここにいる旅行客全員、お昼からずっと閉じ込められている」と撮影した映像をSNSに上げるようけしかけた。

ツアーの参加者によると、ツアーガイドが客を強制的に店へと案内し、“商品を購入するまで店から出さない”という。

高額なマットレスの購入を強要された観光客らは、店を出ることができずに、ぼうぜんとその場に座り込んでいた。店員は、顔を隠したり、撮影されるのを嫌がる様子が見られ、観光客が「撮った映像をすぐSNSにアップする。店員の顔も出して」と言うと、ツアーガイドが「そんなことやめて!」と言い合う場面もあった。

この旅行ツアーでは、観光名所だけでなく、いろいろな店ばかり案内していたという。

そして、この映像はSNSで拡散され、地元当局が調査に乗り出す事態に発展し、旅行ツアーのガイドには約20万円の罰金、さらに販売店には営業停止の処分が下された。

中国国内では以前から、格安ツアーで集めた客に買い物を迫る悪質な行為が相次いでいて、当局がくわしく調べているという。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

国際取材部
国際取材部



世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。