宮崎市の大学で行われていたサッカーの試合中に落雷があり、18人が緊急搬送された。このうち高校生とみられる2人が意識不明になっている。

宮崎市内にある宮崎産業経営大学の駐車場には、「FOOTBALL CLUB」と書かれた大型のバスが止まっていて、校内には複数の警察官がいた。

3日午後2時40分ごろ、大学内にあるグラウンドで落雷があった。当時、グラウンドではサッカーの試合が行われていて、消防によると、落雷に巻き込まれた18人が救急搬送された。そのうち、高校生とみられる2人が意識不明だという。

近隣住民「雨は降っていたけど、雷は鳴ってなかった。一瞬ピカーッと光ってドーンッて音がした。その1回だけでしたね、雷は」、「雷が鳴り出してから、稲光が落ちた。このあたりだなと思って、あわてて帰ってきた。ブレーカーも落ちていた」

落雷が起きた直後に現場に駆けつけた関係者によると、3日はグラウンドで、宮崎市の鵬翔高校と熊本県内の高校のチームが試合をしていたという。雷が落ちたのはコートの外で、熊本県内の高校のベンチ近くに落ちたとみられるという。

選手たちは、3日夕方に帰ってくる予定だったが、その直前に起きた不慮の事態。
取材対応にあたった熊本県の高校の教頭は、「とにかく今は生徒の無事を祈っています」と言葉を絞り出した。

宮崎市では、2日夕方から雷注意報が継続して発表されていて、大気の状態が非常に不安定になっていた。

テレビ宮崎
テレビ宮崎

宮崎の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。