北海道の沼田町役場に現金などを要求し、従わない場合は"爆破を予告する"メールが届き、警察が警戒しています。

 荒川 健太郎 記者:「爆破予告のあった北海道沼田町役場です。午前10時過ぎですが、警察官が建物を巡回しています。目立った動きはありません」

 7月27日、北海道沼田町役場から「爆破予告のメールが届いた」などと通報がありました。

 捜査関係者によりますとメールは7月20日の週の4連休中に届き、沼田町に現金やインターネット上の仮想通貨を要求し、「応じなければ役場2階の女性用トイレに爆弾を仕掛け、29日正午ごろに爆破させる」と書かれていました。

 警察は庁舎内を巡回するなど警戒を続けるとともに、恐喝の疑いも視野に捜査しています。