3日前、岩手県花巻市内の物置小屋に入り込み、とどまり続けていたクマが3月30日朝、いなくなっていたことがわかりました。

3月27日の夜、花巻市湯口の住宅で敷地内の物置小屋に1頭のクマが入り込んだまま出てこなくなり、29日までとどまり続けていました。
この家の住人によりますと、クマは体長1メートル30センチほどで成獣とみられるということです。

市と猟友会は28日、小屋の前にわなを設置して捕獲を試みていましたが30日朝、警察が確認したところ、クマはいなくなっていたということです。
これまでにけがをした人はいません。

現場付近では今週、クマの目撃が相次いでいることから、警察はパトロールし注意を呼びかけています。

岩手めんこいテレビ
岩手めんこいテレビ

岩手の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。