小林製薬が製造した紅麹原料を摂取した人から健康被害の報告が相次ぎ、サプリメントを摂取した人の死者は29日新たに1人増え、合計5人となった。

厚労省は、小林製薬から紅麹原料を購入した52社と、そこから原料の供給を受けた173社を28日に公表。小林製薬と同じ原料を使って同じ程度の量を摂取する製品や、過去3年以内に医師から健康被害が1件以上報告された製品がないかを調べるよう依頼するとしているが、「掲載された事業者が製造する製品が直ちに健康被害をもたらすものではありません」としている。

小林製薬は29日、一連の問題発覚後2度目の会見を行う。

配信開始時刻 3月29日午後2時

※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。