東京大学などの研究チームが、微小な新種のイソギンチャクを発見した。
場所は、同大学付属の臨海実験所(神奈川県三崎市)近くの磯で、ノリカイメンの一種の体内に群生する体長3~4mmのイソギンチャクを確認した。

発見されたイソギンチャクは、ムシモドキギンチャク科の中でも特有の形質を多数有していたため、「Tempuractis rinkai(テンプラクティス・リンカイ)」という新属を設立。
和名としては、「赤い触手と衣をまとったような様子」を海老の天ぷらに見立て、その名も「テンプライソギンチャク」と命名。

伸びた触手がエビの“しっぽ”に似ている(撮影:伊勢優史 元東大臨海実験所特任助教)
伸びた触手がエビの“しっぽ”に似ている(撮影:伊勢優史 元東大臨海実験所特任助教)
この記事の画像(5枚)

世界初の“共生”を発見!その特徴は…

カイメン(海綿)は、英語では「スポンジ」という、 体にたくさんの穴が開いた水生動物。神経や筋肉、消化器もなく、最も原始的な形を残した生き物といわれている。
このカイメンには、エビなど多くの生き物が共生している。しかし、今回発見されたノリカイメンの一種が属する同骨海綿類は、研究が進んでおらず、これまで明確に共生する生き物が発見されていなかったという。

そして、イソギンチャクもまた、多くの生き物と共生しているが、テンプライソギンチャクが属するムシモドキギンチャク類は、他のどんな生物との共生も見つかっていなかった。
こうした中、ノリカイメンの一種とイソギンチャクの強固な共生の発見と詳細な観察は、世界初の例だという。

ノリカイメン中に群生するテンプライソギンチャク。たくさんの触手が確認できる。(撮影:伊勢優史 元東大臨海実験所特任助教)
ノリカイメン中に群生するテンプライソギンチャク。たくさんの触手が確認できる。(撮影:伊勢優史 元東大臨海実験所特任助教)

テンプライソギンチャクの特徴は、その形態と生態にある。
①成体でも全長が3~4mmまでしか成長しない
②体表に装飾が無くなめらかで単純な形状
③カイメンの中に共生する特殊な生態(1~3cmのノリカイメンの一種の中に、30個体ほどが高密度に群生)


研究チームは、全国各地で調査を行い、佐渡島・三重県鳥羽市の砥浜・菅島などの複数地点でテンプライソギンチャクを発見したという。

テンプライソギンチャクを発見した研究チームメンバーであり、東大大学院 理学系研究科で「日本産イソギンチャク類の分類学」を研究する泉貴人さんに、今回の発見や新種の命名について話を聞いた。

「新種と認められたときは狂喜乱舞」

ーーテンプライソギンチャク発見の経緯は?

共同研究者の伊勢優史さんが、2006年頃に、研究のため採集したノリカイメンにイソギンチャクのようなものが埋没しているのを見つけました。
しかし、当時は何者か全く見当もつかなかったそうです。それから時が経ち、2013年の秋頃、学部生で刺胞動物の研究をしていた私がこの生物を調査し、これまでに見たことがない特徴を持った「未記載種」であると判断しました。


ーー新種発見から認定までは、どのような手順を踏むのでしょうか?

正確には、新種というのは「見つける」ものでなく、「証明する」ものです。
皆さんがイメージする「新種」というのは、研究者の世界では「未記載種」といいます。簡単にいえば、新種予備軍と判明した種類でしょうか。

手順としては、まず採集した状態のいいものを標本にして、これを解剖や顕微鏡によって観察します。観察する中で気づいた種に関して、論文の記述や昔の標本、可能ならばDNAの塩基配列でも比較します。
そして、他のいかなる種とも違うと分かった時、「未記載種」という同定に至ります。
その後、学術論文にまとめたものを投稿し、世界の専門家の数人の審査を受けます。それに認められ、論文が出版されて、はじめて「新種」となります。

テンプライソギンチャクも未記載種との判明から論文掲載までに4年かかったので、認められた時は狂喜乱舞でした。
また、未記載種と分かった時には、「よし、早く論文にしないと!(他の研究者に超されないように!)」という、実に無粋な感想が生まれます(笑)


別角度から見たテンプライソギンチャク(撮影:伊勢優史 元東大臨海実験所特任助教
別角度から見たテンプライソギンチャク(撮影:伊勢優史 元東大臨海実験所特任助教

「天むす」「(海老)フライ」も名前の候補だった…

ーー「テンプライソギンチャク」と命名したのは泉さんですか?エビフライにも見えるように思いますが、「テンプラ」とした理由は?

せっかくなのでインパクトのある、親しみやすい名前を付けたいと思い、形と色からイメージして「テンプラ」となりました。
他にも、「天むす」「(海老)フライ」などの案があったのですが、外国の方にも有名な日本料理が勝った形です。
あとは、私自身の好物であるというただ単純な理由もあります。


ーーテンプライソギンチャクは、海水温などによって変色することはありますか?もっと濃い色になると、より揚げ物らしく見えたりするでしょうか?

分からないですね…まだ個体差が分かるほど多くの標本が採れていないです。鳥羽産のものは色が薄いように思えますが、心なしかという程度です。
もっと揚げ物っぽい色のカイメンに入る、もっと赤っぽい種は、この海のどこかにいるかもしれません。
それにまあ、テンプラの衣は他の揚げ物に比べて明るい色をしていますから(笑)

岩に付いているテンプライソギンチャク(撮影:伊勢優史 元東大臨海実験所特任助教)
岩に付いているテンプライソギンチャク(撮影:伊勢優史 元東大臨海実験所特任助教)

泉さんは、今後「どうしてテンプラ型になるのか」を解明したいという。
テンプライソギンチャクについては、まだ分類とわずかな生態しかわかっていない。どのようにカイメンに入っていくのかという「発生」は、まだ謎に包まれている。
また、「進化」に関しても、単純で微小な形態が原始的な種だからなのか、あるいは共生するためにこの形に進化したのか、解析していきたいという。

「この仕事はまだまだ序の口も序の口ということです!」と熱く語ってくれた。