難病の女性の依頼で薬物を投与し殺害した疑いで医師2人が逮捕された事件で、女性の自宅のインターホンに、事件直前の2人の姿が記録されていたことがわかった。

医師の大久保愉一容疑者(42)と山本直樹容疑者(43)は2019年11月、全身の筋肉が動かなくなる難病「ALS」を患う林優里さん(当時51)の依頼を受け、薬物を投与し、殺害した疑いが持たれている。

林さんは、以前からSNSに安楽死を望む内容を書き込んでいて、大久保容疑者らとはSNSを通じて知り合ったとみられている。

捜査関係者によると、2人が、林さんの自宅を訪れた事件直前の様子が、インターホンに録画されていたという。

インターホン越しに介護ヘルパーが対応した時に、2人はサングラスなどをしておらず、顔が映っていたため、警察は、この映像を起点に、2人の特定に至った。

警察は、犯行の動機など、事件のくわしい経緯を調べている。