生態系に悪影響を及ぼす恐れのある外来種の蟻が県内で初めて確認されていたことがわかった。

沖縄県内への侵入が確認されたのは侵略的外来種に指定されている蟻、ハヤトゲフシアリ。今年2月から今月にかけて那覇市の明治橋から空港までの国道の植栽や那覇新港で確認されたもので、ヒアリのように人を刺すことはないが高い繁殖力を持つことから生態系に悪影響を及ぼす恐れがある。

定着が進んでいる恐れがあることから沖縄県や沖縄科学技術大学院大学がハヤトゲフシアリの駆除方法を検討している。