北海道十勝の大樹町のベンチャー企業が開発した小型ロケットの打ち上げは、カウントダウンに入ったものの緊急停止しました。

 「インターステラテクノロジズ」が開発した小型ロケット「MOMO7号機」は、7月26日午後4時30分の打ち上げを目指してのカウントダウンが行われました。

 メインエンジンへ点火ができず、打ち上げはできませんでした。26日の打ち上げは中止となりました。

 「MOMO7号機」は19日の打ち上げ直前にメインエンジンが点火せず緊急停止するトラブルが発生し、今回は部品を交換し、再度の打ち上げに臨んでいました。