最近、国内で地震が多発している

この記事の画像(3枚)

4月8日の週は全国的に地震が多かった。

14日(土)、北海道「中標津町」で震度5弱、「愛知県西部」では最大震度4など複数回の揺れを観測したことで「地震」関連で3ワードがランクイン。
Google急上昇ワードでも多くの関連ワードがランクインしていた。

〜2018年国内で発生した地震回数〜
1月 1日週 6回 
1月 7日週 2回
1月14日週 3回
1月21日週 3回
1月28日週 2回
2月 4日週 1回 
2月11日週 4回
2月18日週 3回
2月25日週 6回
3月 4日週 1回
3月11日週 5回
3月18日週 2回
3月25日週 3回
4月 1日週 0回
4月 8日週 13回

こちらのデータは、天気情報サイト「tenki.jp」に掲載されている地震情報から、今年国内で発生した“震度3以上”の地震をカウントしたもの。

4月8日の週は、9日の島根県西部の震度5強など13回も発生。
次に多い1月1日週と2月25日週は6回。その次は3月11日週の5回。
それらの週も大きく上回り今年最多だった。
ネットでは「地震多過ぎて怖い」、「何かの予兆なの?」といったツイートや具体的に「南海トラフ地震」のワードを挙げて不安視する声もあり、今後の状況に注目が集まっている。

野村祐希の堂々交際宣言、3畳ワンルームも話題に

4月8日〜14日のYahoo!検索キーワードランキングで気になった話題は、8日(日)、若手俳優の「野村祐希」さんがモデルでタレントのIVANさんとの真剣交際を認めたことから名前がランクイン。

既に自分がトランスジェンダーであることをカミングアウトしていたIVANさん。
先日も、“数年前に性別適合手術を受けていた”ことを公表した。
LGBTとの恋愛にはまだまだ差別意識がある中で、堂々と交際を認めた野村さんに対して、SNSでは『カラダもココロも男前』『かっこよすぎる』といった賞賛の声が数多く上がった。

エンゼルス大谷はこの週もランクイン

9日(月)、サッカー日本代表監督「バヒド・ハリルホジッチ」氏の解任が電撃発表され、後任の「西野朗」氏の名前もTOP10圏内に。

先週のランキングでも話題の中心だったエンゼルス大谷選手がメジャー2勝目。
7回無失点、「12奪三振」で途中まであわや「完全試合」という完璧な投球内容で再びランクインした。

10日(火)、「愛媛県知事」の会見で県担当者が当時の「柳瀬首相秘書官」と面会し、『「首相案件」だ』と言われたと記した備忘録が見つかった事案が話題に。

11日(水)、スマホがあれば何も必要としない若者中心に激狭物件が大人気、というデイリー新潮の記事から「3畳ワンルーム」がランクイン。

12日(木)、日本相撲協会が安全上の配慮から「ちびっこ相撲」への女児不参加を要請していたことが炎上。警察官が「19歳巡査」に撃たれて死亡した事案も。

「日本郵政」が正社員の手当削減を決定

13日(金)、「日本郵政」が非正規社員の待遇改善に伴い、「住宅手当」など正社員の手当削減を決定したことが物議をかもす。
政府が進めている「働き方改革」の重要な柱、「同一労働同一賃金」に“正社員の待遇下げ”という手法が用いられた形に、ネットでは多数の異論が噴出した。

明るい話題では、エンゼルス大谷がこの週も複数日でランクイン。
16日(月)未明に3度目の先発登板に臨む予定だったが、“天候不良”のため試合直前に中止が決定。
18日(水)の強豪レッドソックスとの今季初戦にスライド登板することになった。

いずれにしても、どんなキーワードが話題になるのか注目だ。

【ネット取材部デスク 瀧澤航一郎】