北海道十勝の大樹町のベンチャー企業が、7月25日に打ち上げを予定していた小型ロケットは、上空の強風のため26日に延期となりました。

 打ち上げを目指しているのは、大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」が開発した小型ロケット「MOMO7号機」です。

 午前11時に打ち上げ予定でしたが、上空の強風のため26日に延期となりました。

 会社側は、26日午前5時15分の打ち上げを目指すということです。

 「MOMO7号機」は19日の打ち上げ直前にメインエンジンが点火せず、緊急停止するトラブルが発生。

 インターステラ社は部品を交換し、わずか1週間で再度打ち上げに臨んでいました。

 今回も新型コロナウイルス感染防止のため見学場を設けず、無観客で行います。