開幕3連勝かけ先発もピリッとせず…


メジャーリーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が開幕3連勝をかけレッドソックス戦に先発。

デビューから無傷の3連勝へ。

立ちはだかるはメジャー屈指の強力打線レッドソックス。

初回、いきなり1番ベッツに低めのストレートをレフトスタンドまで運ばれる。

メジャー初の先頭打者ホームランを浴びた大谷。


1アウト後、3番ラミレスにはセンター前ヒットを許すなど、きょうは立ち上がりからピリッとしない。

それでも4番マルティネスから変化球で三振を奪うと…

5番ディバースにはストレート勝負でサードファールフライに打ち取った。


マメの影響でメジャー最速2回で降板

しかし大谷は右手を気にするそぶり・・・。

結局、右手のマメの影響でメジャー最速となる2回で降板。

3失点でメジャー初黒星を喫し開幕3連勝はならず、チームの連勝も7で止まった。

試合結果も エンゼルス1-10レッドソックス と大敗した。