3連勝をかけて、メジャー3度目のマウンドに上がったエンゼルス大谷翔平選手。
1回、先頭バッターにホームランを打たれるなど、2回までに3失点。
右手の指にできた“まめ”の影響で、無念の降板となった。

18日に大谷選手と投げ合いに勝利した、レッドソックスの先発、プライス投手の年俸はおよそ33億円
メジャーの最高年俸は、大谷選手のチームメイト、トラウト選手で年俸およそ38億
日本人メジャーリーガーの年俸は、ヤンキースの田中将大投手がおよそ23億円
今シーズン、カブスに移籍したダルビッシュ有投手がおよそ27億円と報じられている。

では、気になる大谷選手の年俸は?

街の人は…
「えっ知らない、億?億でしょ?3億ぐらい?もっといくのかな(投手と打者)どっちもできるし」

などの意見が挙がったが、大谷選手の年俸は6000万円ほど
去年の、日本ハムファイターズ在籍時の年俸、2億7000万円と比べても破格の安さだ。

街の人は…
「えっ、少なくない?え、少ない。あんなイケメンで!」
「ほかの大リーガーに比べるとすごい安いですよね」

“25歳未満外国人の上限ルール”で6000万円に…

メジャーリーガーの中で、大谷選手の年俸が“安い”ワケとは? 

メジャーリーグ評論家の福島良一氏によると、25歳未満の外国人の上限ルールが2017年に締結されたため、大谷選手の年俸は6000万円ほどに抑えられているという。

(「プライムニュース イブニング」4月18日放送分より)