車が行き交う交差点の奥に見えるのは、横転した救急車。後ろ側のガラスは割れ、車内が丸見えの状態。

この記事の画像(10枚)

救急車に、一体何が起こったのか?近くを走っていた車のドライブレコーダーがその瞬間を捉えていた。

目撃者「すごいスピードでボンッときてぶつかった」

サイレンを鳴らしながら、交差点に進入した救急車に、画面奥から来た黒い車が衝突。そのはずみで、救急車が横転した。映像では、横転した救急車に駆け寄る人の姿も確認できる。

25日午前11時20分ごろ、愛媛・松山市で起きた事故の瞬間映像。

目撃した運転手は、「救急車の音がしたので止まっていた。その救急車が通り過ぎようとしたときに、黒い車がすごいスピードでボンッときてぶつかった」と話した。

横転した救急車は、80代の男性を市内の病院に搬送するための緊急走行中、事故に巻き込まれた。

横転した救急車の車体は、左側の扉付近が大きくひしゃげた状態。衝突した黒い車も、フロント部分が大破していて、かなりの衝撃だったことがうかがえる。

この事故で、救急車で搬送途中だった、80代の男性と付き添いの80代女性が、打撲などの軽いけがをし、病院に搬送された。

また、黒い車を運転していた65歳の男性も軽いけがをしたが、いずれも命に別条はないという。
(「イット!」2月26日放送より)

この記事に載せきれなかった画像を一覧でご覧いただけます。 ギャラリーページはこちら(10枚)