愛知・名古屋市の教育委員会が、毎年、教員などで作る団体から校長に推薦する教員の名簿とともに、金品を受け取っていたことがわかった。

名古屋市教育委員会「大変申し訳ございませんでした」

名古屋市の教育委員会は、毎年夏ごろ、校長会など教員で作る団体から、次の年度の校長などを推薦する「教員名簿」とともに、現金や商品券を受け取っていたという。

市教委の内部調査によると、金品の受け取りは20年以上続いていた可能性があるということで、2023年度に受け取った金額だけで総額200万円を超えていた。

市教委は、「飲食代などに使った」「激励費として受け止めていて人事に反映されることはない」と説明している。

名古屋市・河村たかし市長「子どもさんのための学校じゃなくて、内部で上手に出世する一部の教員のための学校になってしまう。そういう裏切りは絶対許さん」

名古屋市は今後、第三者を含む委員会を設置し、調査するという。

東海テレビ
東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。