アメリカのバイデン大統領は11日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話で会談し、パレスチナ自治区ガザ南部ラファへの地上侵攻について、民間人を保護する計画がなければ行うべきではないと伝えた。

イスラエル・ネタニヤフ首相「決してラファに入るなと言う人たちは、敗戦しハマスをとどめておけと言っているのと同じだ」

ネタニヤフ首相は、11日に放送されたアメリカのABCのインタビューで、ラファでの地上侵攻を行う考えをあらためて示した。

こうした中、バイデン大統領は11日の電話会談で、ネタニヤフ首相に対し、避難者の安全を確保する信頼できる計画がなければ、ラファでの地上侵攻を行うべきではないと伝えた。

ラファには100万人以上の市民が避難していて、国際社会からは自制を求める声が上がっている。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

国際取材部
国際取材部



世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。