名刺管理サービス大手の社員になりすまし、名刺15万枚分の情報を不正に入手した疑いで男が逮捕された。

不動産販売会社社員の片岡和真容疑者(37)は、名刺管理サービス「Sansan」の社員になりすまして利用者にメールを送り、パスワードなどを聞き出し、名刺15万枚分の情報を不正に入手した疑いが持たれている。

警視庁によると、片岡容疑者は、入手した名刺情報を自らの不動産販売の営業活動に利用していた。

調べに対して、片岡容疑者は容疑を否認しているが、2022年から少なくとも400万件以上を不正に閲覧したとみられている。

フジテレビ
フジテレビ

フジテレビ報道局が全国、世界の重要ニュースから身近な話題まで様々な情報を速報・詳報含めて発信します。

社会部
社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。