インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷の深刻化を受けて、法務省などはSNS事業者と共同で適正な利用を呼びかける特設サイトを開設した。

森法相「投稿する前に相手の立場に立って考えようと、1人でも多くの皆さまにお伝えしたい」

法務省と総務省はSNS事業者の団体と共同で、「#No Heart No SNS ハートがなけりゃSNSじゃない!」をスローガンとして、SNSの誹謗中傷を減らそうと特設サイトを立ち上げた。

サイトはLINE、ツイッター、フェイスブックなどで発信され、誹謗中傷の書き込みの削除依頼の手順や、法務省の相談窓口も紹介されている。