柳瀬唯夫氏の「記憶」答弁の誤算

5月10日、注目の柳瀬唯夫(やなせただお)元首相秘書官の参考人招致が国会で行われた。
安倍首相の親友・加計孝太郎氏が理事長をつとめる加計学園が、愛媛県今治市に獣医学部を新設するにあたり、果たして安倍首相の関与や、首相への忖度が働いたのかどうか?事実解明にむけたカギを握る人物の一人が、当時、安倍首相側近だった柳瀬唯夫氏である。

柳瀬氏とはどのような人物か。

エリート集団である霞が関の官僚の中でも、いわば「出世頭」が就任するのが、首相や閣僚の秘書官である。
特に柳瀬氏は、麻生元首相と安倍首相と2人の首相の秘書官をつとめてきた、まさに文句なしの「スーパーエリート」で、経済産業省の中でも「事務次官候補」だといわれてきた。

そんな柳瀬氏の「記憶がない」のだ。

愛媛県の文書によれば、柳瀬氏は2015年4月2日に加計学園の関係者や、愛媛県と今治市の課長らと首相官邸で面会し、獣医学部の新設は「首相案件」だと話したともされる。しかし柳瀬氏は、これまでの国会答弁などで「記憶の限り、県や市の方とお会いしたことはない」と否定してきたのだ。

果たして「スーパーエリートの記憶」は復活するのか。
すると、参考人招致で柳瀬氏は、思っていた以上に事細かに説明を始めたのだ。

(フジテレビ放送画面より)

最初に質問にたったのは、元大蔵官僚の自民党・後藤茂之氏。
柳瀬氏は「国会審議に大変なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません」と謝罪した。

そして「加計学園の方、関係者の方と面会をいたしました。面会の時には、相手方は10人近くの、ずいぶん大勢でいらっしゃいました」と、面会の事実を初めて認めたのだ。
しかし同時に「随行者の中に、愛媛県や今治市の方がいたかどうかの記憶は残ってございません。ただ、その後の一連の報道や関係省庁による調査結果を拝見すると、随行者の中に、愛媛県や今治市の方たちがいらっしゃったのかな、という風に思います」とも述べた。

つまり柳瀬氏の理屈は、これまで国会では、加計学園の関係者ではなく、県や市の関係者と会ったかどうかを聞かれてきたので「記憶がない」と説明してきたまでだ、というもの。

スーパーエリートのしたたかさを見た。

官邸での面会は「3回覚えている」!?

その後、質問にたった立憲民主党の長妻昭氏は、加計学園側との関係をさらにただした。
すると、柳瀬氏は2015年に加計学園側と「首相官邸で会った3回は覚えてございます」と述べた。

柳瀬氏の、県や市の担当者と会ったことは覚えていないが、加計学園側と官邸で3回会ったことが覚えている、という理屈は、腰を抜かしそうにはなるものの、一応の説明はついている、と言わざるを得ない。

その柳瀬氏の説明によると、面会した3回とは

1回目 2月から3月にかけて
2回目 4月ごろ
3回目 6月上旬に今治市が国家戦略特区を提案した前後の時期
である。

さらに、加計学園が獣医学部を新設したがっていることを知ったのは、1回目の面会だったことを明らかにした。

スーパーエリート柳瀬氏の記憶は、どんどん過去へとさかのぼっていく。

そもそも加計理事長や、加計学園側の関係者と面識をもったのは、2013年5月で、しかも安倍首相の河口湖の別荘で行ったバーベキューだった、というのだ。
5月5日にバーベキュー、さらに翌日6日にゴルフにも同行したという。

(フジテレビ放送画面より)

すると長妻氏の追及は意外な方向へ

長妻氏「ゴルフ代は誰が出したのか」
柳瀬氏「私自身が支払いした記憶がないので、総理の関係で処理をされていると、私にはわかりません」

長妻氏は、加計側の支払いだったのでないか、と疑っているようだ。
しかし、

長妻氏「 誰が支払いをしたか、調べて委員会に提出してください」
柳瀬氏「聞く相手が私じゃないと思います。委員会で、理事会でご議論いただければいいと思います」

と柳瀬氏にあっけなく切り返される。
首相の秘書官までつとめたスーパーエリートの面目躍如だ。

新たに生じた疑問「2年近くの空白」

しかし、ここで大きな疑問が生じる。

安倍首相は加計学園の獣医学部新設の計画を知ったのは、2017年1月20日の会議だ、と説明している。
つまり、柳瀬氏が加計学園の動きを知ってから、2年近くもの間、全く安倍首相に報告を上げなかったことになる。

しかも柳瀬氏は、一連の答弁の中で、安倍首相と加計理事長が「友人関係とは認識していた」とも述べている。
一般的な感覚で言えば、そんな相手なのだから「首相!きょう、加計学園来ましたよ」ぐらいの話は出そうなものなのだ。

しかし、柳瀬氏は「首相に対して報告したことも、指示を受けたことも一切ない」「(加計理事長を)特別扱いしたことはない」ときっぱり否定。
さらに「 私は2015年8月4日だったと思いますけど、総理秘書官は退任してますので、そのあと首相がどこでどう認識されたかっていうのは私にはちょっとわかりません」と安倍首相の説明に矛盾はないこともにじませた。

もともと、スーパーエリートの「記憶がない」という答弁は、野党側の追及の格好のネタとされる甘い防衛ラインだった。
しかし、柳瀬氏は、過去の答弁を軌道修正しつつ、今回の参考人招致を通じて、防衛ラインを張りなおした、ともいえる。

安倍首相は11日にFNNプライムニュース・イブニングに生出演する。果たして、どう説明するのであろうか。

(FNNプライムオンライン編集長 井上 義則)