警視庁職員をひき逃げ容疑で逮捕

ひき逃げ容疑で逮捕された五味丈士容疑者(54)、職業は警視庁の職員だ。

事件が起きたのは19日未明のこと。
五味容疑者は東京北区の環状7号線の路上で、横たわっていた板橋区に住む21歳の会社員小栗佑亮さん(21)を車でひいて死亡させた上、現場から逃走した疑いが持たれている。

五味容疑者は取り調べに対して、「交通事故を起こしたことは間違いありません。人とは思わなかったのでその場を離れてしまいました」と供述している。

事故後自ら119番通報「人が倒れている」

しかし五味容疑者が事故当時供述とは矛盾する不可解な行動をとっていたことが分かった。

事故を起こしたのは午前4時6分ごろ。

五味容疑者はその17分後、午前4時23分に現場から数百メートル離れた場所に車を止めて、「道路で人が倒れている。出血がある」と119番通報。

さらに駆けつけた警察官に、「仕事がある」と言い残し現場を離れた。この時男性をひいたことを伝えていなかった。

事故後その日もそのまま勤務

そのまま仕事に向かった五味容疑者は主に留置場の食事や清掃など担当。事故当日も午前6時から勤務予定だったという。

警視庁は被害者の男性の手や顔にタイヤでひかれた痕があったことから、関係者の一人として五味容疑者に事情を聴いたところ、関与をほのめかした。

アルコールは検出されず、しかしマイカーでの出勤に必要な上司の許可は取っていなかったという。

職員が逮捕されたことについて警視庁は、「亡くなられた被害者のご冥福をお祈りいたしますと共にご遺族に深くお詫び申し上げます。捜査を尽くした上で厳正に対処をいたします」とコメントしている。

「Live News it!」7月20日放送