女優で声優の春名風花さん(19)が、YouTubeに投稿した動画で明らかにした示談の成立。

春名さん「『示談金を支払うので、告訴を取り下げてほしい』と申し入れがありました」

訴えを起こしていたのは、「ネット上での誹謗(ひぼう)中傷」。

春名さんは、2020年1月、ネットに虚偽の内容を投稿され、名誉を傷つけられたとして、書き込んだ人物を相手取り、慰謝料など265万4,000円の支払いを求め提訴。

また警察に、名誉毀損(きそん)と侮辱の疑いで刑事告訴し、受理されていた。

春名さん「何より相手の身元を特定できたことで、誰に狙われているかわからない恐怖から、何万分の1でも解放されたことは大きいです」

7月16日、横浜地裁で、刑事告訴の取り下げと、被告が春名さん側に315万4,000円を支払うことで示談が成立したという。

春名さん「相手の人格や生活を破壊するだけの暴力や、批判の度を超えた単なる嫌がらせというのは、誰のことも幸せにしません。やめましょう。絶対に」