5月7日に新潟市西区の小学2年生・大桃珠生ちゃんが殺害され、線路に遺棄された事件が発生1週間をむかえた14日、新潟県警は事件現場の近くにすむ20代の男を重要参考人として聴取していることが分かった。警察は男の自宅の家宅捜索を行うものとみられる。

大桃さんの遺体が見つかった現場
この記事の画像(2枚)

この事件は、新潟市西区のJR越後線の線路上で、小針小学校2年の大桃珠生ちゃん(7)が死亡しているのが見つかったもの。
珠生ちゃんの死因は窒息死で、首を絞められて殺害され、列車にひかれた状態で見つかっていて、遺体の状況などから、線路上に遺棄したのは、証拠隠滅を図った可能性があるとされていた。

また珠生ちゃんは、事件当日の朝に、「黒い服を着て、サングラスをかけたおじさんに追いかけられた」と友達に話していた。

その後の調べで、遺体のそばにあった珠生ちゃんのランドセルから家族以外の指紋が検出されたことや、遺体が遺棄された線路と道路を隔てる鉄製の柵からも複数の指紋が検出されていた。

ニュースを動画で見る