去年AKB48を卒業した渡辺麻友(24)が初主演するミュージカル「アメリ」が東京・天王洲の劇場で5月18日公演初日を迎えた。
2001年に大ヒットしたフランス映画「アメリ」を元に、去年ブロードウェイでミュージカルにもなった「アメリ」。
今回の舞台は映画版ともブロードウェイ版とも一味違う新たな視点から紡がれる物語となっていて、主人公のアメリを今回が初舞台の渡辺麻友、アメリの相手役ニノをミュージカル経験も豊富な太田基裕(31)が務める。


渡辺麻友(アメリ役):
このお話をはじめて聞いたのは1年半ほど前で、その時はまだまだ先だなと思っていたらあっと言う間に、いよいよ今日初日を迎えます。
今、緊張と不安とドキドキと楽しみといろんな気持ちが入り混じっていますが、最高の舞台をお届けできるよう精いっぱい頑張りたいと思います。
日本初演ということで、本当に素晴らしいキャスト・スタッフがそろい、素敵な作品に仕上がったと思います。
観るととても心があたたたく幸せな気持ちになる作品ですので、ぜひ皆さま劇場でご覧ください!


太田基裕(ニノ役):
いよいよ開幕ということで、お客様に「アメリ」という作品の世界観を楽しんでいただきながら、そして共有しながら素敵な舞台になるといいなと思っております。頑張ります!


演出・児玉明子:
初舞台・初主演・初ミュージカルの渡辺麻友さんが、本当に成長したなと思っています。初めての稽古から昨日の舞台稽古までを見て本当にそう思っております。本番を迎え、公演を重ねるごとにさらに成長していくと思いますので、その成長ぶりも見どころだと思います。


<ストーリー>
想像力は豊かだが、周囲とのコミュニケーションが苦手な少女・アメリは “妄想の世界”が一番の遊び場だった。22歳になり、モンマルトルのカフェで働いている今でも、周りの人々を観察しては日々想像力を膨らませて楽しんでいたが、ある出来事をきっかけに、他人を幸せにすることに喜びを見出し始める。彼女なりの方法で他人を幸せにしていくアメリだったが、自分の幸せにはまったくの無頓着だった。
ところが、スピード写真のボックスに残された他人の証明写真を収集している不思議な青年ニノに出会ったアメリは、たちまち恋に落ちてしまう!しかし、自分の気持ちを素直にうち明けることが出来ず――

<東京公演>2018年5月18日~6月3日 天王洲・銀河劇場
<大阪公演>2018年6月7日~6月10日 森ノ宮ピロティホール