岡山県瀬戸内市邑久町の宿泊施設「岡山いこいの村」で、飼育されている体長約1.7メートルの大型の鳥「エミュー」1羽がいなくなっていたことが22日、分かった。

普段は、高さ2メートルほどの柵の中で5羽が飼育されているが、22日午前10時ごろ、職員がこのうち1羽がいないことに気づき、23日、警察と市に連絡した。
柵の出入り口に鍵がかかっていて、柵を跳び越えて逃げた可能性があるという。


25日現在、まだみつかっていないが、そもそもエミューはどのような鳥なのか?高さ2メートルもある柵を跳び越えられるものなのか?
また、万が一、脱走中のエミューを見つけたら、どのように対処すればいいのか?

北海道網走市にあり、約1000羽以上のエミューを飼育する日本最大級のエミュー牧場、「オホーツクエミューらんど」の日置園長に話を聞いた。

時速50キロで走る大型の飛べない鳥

――エミューはダチョウに似ていますが、ダチョウの仲間なんですか?

学術的にはダチョウの仲間ではありません。 
ヒクイ鳥目エミュー科の走鳥類で、ダチョウはダチョウ目ダチョウ科の走鳥類です。


――ダチョウとエミュー、どちらが大きいんですか?

ダチョウです。
エミューはダチョウに次いで2番目に大きい走鳥類です。


――鳥ということは、羽があるんですか?

脇あたりに10~15センチぐらいの退化した羽がありますが、この羽で飛ぶことはできません。


――エミューはどれぐらいの大きさなんですか?

成鳥(大人の鳥)で、160~170センチです。

写真提供「オホーツクエミューらんど」
この記事の画像(3枚)

――どれぐらいの速さで走るんですか?

最速で時速50キロぐらいで走ります。


――何を食べるんですか?

雑食で、配合した飼料(トウモロコシなどの穀物)や、麦、せんべいのくずなどを餌としてあげています。

これ以外では、虫やミミズ、雑草も食べます。


――性格は?

基本はおとなしくて、人懐っこいのですが、臆病なところもあります。

人懐っこいので人に近づいていくのですが、人が手を出すと、逃げてしまいます。

2メートルの柵を跳び越える可能性はある

――脱走したエミューは「高さ2メートルの柵を跳び越えた」可能性があるようですが、こんなにもジャンプ力があるものなんですか?

ここまでのジャンプ力はないのですが、柵が網でできていたら、網に足を引っかけて上って、柵を跳び越える可能性はあります。

もしくは、柵の中にいる別のエミューの背中の上にジャンプして、背中の上からまたジャンプし、柵を跳び越えた可能性もあります。

うちでは、この方法でエミューが柵を跳び越えたことがあります。

――エミューはどのような場合に柵を跳び越えて逃げようとするのでしょう?

エミューは大きな音に脅えますので、あくまでも推測ですが、大きな音がしてパニックになって逃げようとしたのではないでしょうか。

扱いに慣れていないと捕まえるのはまず無理

――万が一、脱走中のエミューを見つけたら、どのように対処すればいいのでしょうか?

エミューは手が届くところまで近づくと逃げてしまうので、エミューの扱いに慣れていない人は捕まえることはまず無理です。
なので、近づかず、エミューを飼育していた人などに連絡してください。

捕まえられたとしても、捕まえたまま10分ぐらい押さえつけたら死んでしまうので、絶対に抑えつけないでください。


――エミューの扱いに慣れている人はどうやって捕まえるんですか?

角に追い詰めて、後ろから羽をつかんで捕まえます。
前から捕まえようとすると、鋭い爪がある脚で蹴られて、けがをしてしまう可能性があります。



日置園長によると、エミューの性格はおとなしくて人懐っこいが、慣れていない人が捕まえることは難しいという。
瀬戸内市も、脱走中のエミューをもし見つけても刺激せず、警察に連絡してほしいとしている。