京急電鉄運転士の同僚を殺害

「浮気された。殺そうとしたことには間違いない」と供述しているのは、殺人の容疑で逮捕送検された吉沢弘紀容疑者(29)。

吉沢容疑者と亡くなった横堀紘和さん(31)は、ともに京急電鉄の運転士だった。東京都と神奈川県を走る赤い車両でおなじみの京急電鉄で2人はともに運転士として勤務していた。

同僚であるはずの2人の運転士が、なぜ加害者と被害者に分かれる事態となったのか?

横堀さんと口論の末に包丁で殺害

事件は7月20日午前2時ごろ、20代の女性が住む横浜市金沢区のマンションで起きた。

叫び声がするなどの110番通報を受け、警察官が駆けつけたところ部屋には大量に血を流して倒れる横堀さんとケガをした女性の姿があった。さらにその傍らには吉沢容疑者が立っていた。

横堀さんは腹や首から大量に出血し、搬送先の病院で死亡が確認された。吉沢容疑者はマンションにあった消火器で、窓ガラスを割って女性宅に侵入。そこにいた横堀さんと口論になった末、部屋にあった包丁で複数回刺したとみられている。

当時の状況について近所の住民は…

近所の人:
その時はすごい音がした。男性2人がもめている声がした

――もめている声というのは?

近所の人:
「開けろよ」とか「ドア開けろよ」と…

吉沢容疑者は「浮気された」と供述

警察によると吉沢容疑者は現場にいた女性を「交際相手だ」と話したうえで「浮気された」などと供述している。吉沢容疑者とはどのような人物なのか…

吉沢容疑者の自宅近くに住む人:
大きな方でしたけど…

――身長が高い?

吉沢容疑者の自宅近くに住む人:
そうですね。身長はけっこうありましたね

同じ運転士の間で起きた凄惨な事件について京急電鉄は「この事件で大切な社員を失ったことを大変遺憾に思います。また私行上のこととはいえ、当社社員が逮捕されたことは大変遺憾に思います」とコメントした。

警察は事件の詳しい経緯について調べを進めている。

(「Live News it!」7月21日放送)