政府が22日から実施する予定の観光支援事業「GoToトラベルキャンペーン」をめぐり、見直しを求める声が相次いでいる。

予定通り実施するかどうかについて、安倍首相は16日午前、「本日、分科会で専門家の意見をよく聞いてみたい」と述べた。

記者「GoToキャンペーンについて懸念の声も聞かれるが、予定通り実施の考えか?」

安倍首相「現在の感染状況については、高い緊張感を持って注視をしています。本日、分科会を開催して、専門家の皆さんのご意見も、よく聞いてみたいと思います」

政府は、16日に開かれる「新型コロナウイルス感染症対策分科会」で専門家の意見を聞いたうえで、実施の可否を判断する方針。

「GoToキャンペーン」をめぐっては、東京都の小池知事、大阪府の吉村知事などから、延期や地域限定など、再検討を求める声が出ていた。

立憲民主党・枝野代表「GoToキャンペーンについては、いったん立ち止まって再検討する必要がある」

再検討を求める声に対し、菅官房長官は記者会見で、「感染防止策を講じている。専門家の意見も聞き、適切に対応する」としたうえで、「観光支援を行うことで社会経済を回復させ、厳しい状況から脱却できればいい」と述べた。