7月16日未明、北海道北見市内のコンビニエンスストアで起きた強盗未遂事件で、警察は21歳の男を逮捕しました。男は容疑を認め「金に困っていた」と話しているということです。

 強盗未遂の疑いで逮捕されたのは、自称・住所不定無職の津田玲央容疑者(21)です。

 津田容疑者は16日午前1時ごろ、北見市美芳町5丁目のコンビニエンストア「セイコーマート美芳店」に客を装って入ったうえ、男性店員にバールを見せて現金を要求した疑いが持たれています。

 警察は緊急配備を敷き、津田容疑者が市内を歩いているのを発見。午前2時ごろ緊急逮捕しました。犯行に使ったとみられるバールも持っていたということです。

 警察の調べに対し津田容疑者は容疑を認めていて、「金に困っていた」と話しているということです。警察が詳しく調べています。