立憲民主党の福山幹事長は15日、国民民主党の平野幹事長と会談し、両党を解散し、新党を結成することを提案した。

会談で福山氏は、両党を解散し、「新設合併」方式での新党結成を提案した。

新しい党名を「立憲民主党」に、略称・通称を「民主党」とするとした。

また、結党大会で代表選挙を行うことも提案した。

福山氏は「共同会派に属する議員が全員入党できる環境を整えることが不可欠だ」と強調した。

提案について平野氏は、党内で議論する考えを示した。

国民民主党は、合流推進派と慎重派に割れており、意見集約は見通せない状況。