あなたは雨男?雨女?

6月6日、ついに関東でも梅雨入りが発表され、それを待っていたかのように、あるアプリがリリースされた。それが、雨男・雨女を科学的に解き明かす、日本初の無料アプリ「rainy」だ。

世の中には、雨男・雨女といわれる人たちがいて、どういうわけか肝心のタイミングで悪天候に見舞われることが多いという。果たして雨男・雨女は本当に存在するのか。そして、もし自分がそうだった場合、どのくらいのレベルなのかがわかるアプリだという。

この記事の画像(4枚)

アプリを共同開発したのは、meet & meet、STARRYWORKS、マウントポジションの3社。

モバイル端末のGPS機能と、気象庁が提供している降水量のデータをマッチングさせ、あなたがどれだけ雨に降られているかをデータで算出し「雨男・雨女」指数を作成する。

平均よりも指数が高い場合は「rainy」低い場合は「sunny」となり、そのレベルを判定する。
「超雨男(女)」は「RAINY DEVIL」、「超晴れ男(女)」は「SUNNY SAINT」。

また、全ユーザーの移動や降水量の統計データに応じて、随時算出しているため、データは刻々と変化していくという。
なぜこんなアプリを開発しようと思ったのだろうか。meet & meet代表取締役の小川晋作社長に聞いてみた。

開発のきっかけは友人の「雨男」

ーーそもそも、なぜ雨男・雨女指数をデータで割り出すアプリを開発しようと?

友人のCMプロデューサーに超雨男の人がいるんです。その人と、とある撮影をしていた時に雨が降りそうになってきて「あっ!これは〇〇さん(友人のCMプロデューサー)のせいだな?」「雨男!」と話になり、その際にひょっとしたら、スマートフォンに内蔵されているGPSの位置情報と、気象庁がゲリラ豪雨などの対策のために整備している降雨レーダーデータを掛け合わせたらどこまで雨男かを判別できるんじゃないの?ということで、実際に作ってみた次第です。


ーー全ユーザーの平均が、データの算出に使用されるとのことだが、総ユーザー数はどれくらい?

6月5日の深夜に公開したばかりなので数がまだ少ないのですが 6日14時時点で約600ぐらいです。時間ごとに増えている状態です。


開発のきっかけは、友人の雨男だったと語ってくれた小川社長。
早速、スタッフもアプリをインストールし、雨男かどうか診断してみた。

実際に診断してみた

アプリ「rainy」

アプリをインストールして立ち上げると、まず最初に表示されるのは、雨男指数を統計的に調べるという概要。次いで、GPSの使用許可を求められ許諾すると、ユーザー登録画面が立ち上がった。

ユーザー名・性別の他にも「生年月日」「職業」「都道府県」を選択する欄があり、職業欄の選択肢の最後には、なぜか先ほども話に出てきた「CMプロデューサー」の文字があった。(「ユーザー名」以外は、「指定しない」を選択することもできる)

ーー生年月日を入力するのはなぜ?

生年月日は今後の展開として、〇月生まれの人が雨男・雨女が多いとか、そういうデータが取れたら、また違った展開ができるかなということでとっております。

ーー都道府県を聞いているが、GPS機能をONにしているのに必要?

こちらも、県別ランキングを作れないかなぁと思っております。また、今後データ補正をするにあたり、例えば夏は雨が少ない四国の方々に、補正をかけたりする可能性などもあるので、そういうためにもとっています。

ーーユーザー登録画面で、職業の選択肢で「CMプロデューサー」とあるが?

某雨男プロデューサーの雨男度を測るために、CMプロデューサーの中でのランキングも知りたく、職業に入れております。

自分は雨男か?まさかの結末…

そして、ユーザー登録画面の最後にある「利用規約に同意の上、登録する」をプッシュすると、いよいよ雨男指数が明らかに!「RAINY DEVIL」だけはやめてほしい…

アプリ「rainy」

・・・UNKNOWN?

確かに左下には、「雨男指数32.4」とあるが、個人総降水量と個人降水確率は「?」となっており、注意書きのように表示されたメッセージには「インストールしてから十分なデータが集まるまではUNKNOWNになります」との記載。

残念…すぐに結果は出なかった。どのくらいの期間が必要なのか小川社長に聞いてみた。

ーーユーザー登録を終えた段階で、UNKNOWNと表示されるが、どれくらい待てば自分の雨男指数が分かる?

一定期間(環境によって微妙に異なりますが数日間から一週間が目安)のデータが集まると算出されます。


今週中にも全国的に梅雨入りの発表が予想される今の内に、「rainy」をインストールしておき、自分が雨男・雨女かどうかを割り出して、梅雨時の話題に花を咲かせるのもいいかもしれない。