島根県内25例目となる新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受けて、島根県が14日深夜に会見を開いて詳細を明らかにした。感染が確認されたのは、出雲市在住で島根県立大学出雲キャンパスにある看護栄養学部に在籍する10代の女子学生。この女子大学生は、6月30日に東京に移動、7月5日まで滞在していて、その間に新宿シアターモリエールであった舞台「THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!」を観覧していた。この舞台は、出演者、スタッフ、観客の間で集団感染・クラスターが発生している。この女子大学生は14日に帰国者・接触者外来を受診し、PCR検査を受けたところ陽性であることが分かった。現時点で症状はないとしている。東京都は、6月30日から7月5日までに公演に関わった全員について、濃厚接触者としてPCR検査をするよう勧奨していて、この女子大学生はこの間に複数回舞台を鑑賞していたという。7月6日には島根県に帰県していることから、出雲保健所は感染拡大防止のため、行動履歴や濃厚接触者について調査している。また大学の授業にも出席していたことから、県立大は出雲キャンパスの学生約490人、教職員80人余りのPCR検査を実施し、安全が確認されるまで休業にするとしている。