安倍首相は14日夜、各自治体の長などから反対論が相次いでいる「GoToキャンペーン」について、22日から予定通り実施するか記者団から問われ、次のように述べた。

「GoToキャンペーンについては担当の赤羽国土交通大臣からお答えさせていただいた通りですが、現下の感染状況を高い緊張感を持って注視しています」

国内旅行の代金の半分相当を支援する「GoToトラベル」は、22日から実施される予定だが、自治体の長から全国への感染拡大を招くとして、反対の声が相次いでいる。

14日夕方、安倍首相と面会した大阪府の吉村知事も、面会後に「全国的なGoToキャンペーンはやるべきではないと思う」と述べ、小さい範囲から始め、徐々に全国に広げていくべきだとの考えを示していた。