14日、新たに143人の感染が確認された東京。

37人の感染が判明した舞台クラスターで、東京都が観客850人すべてを濃厚接触者と認定したことについて、劇場で舞台を見た女性が、現在の不安な心境を語った。

クラスターが発生した、あの舞台を観劇していた女性は、濃厚接触者と認定された。

濃厚接触者と認定された女性(20代)「まさか、全員が濃厚接触者になっているとは思わなくて、びっくりしました。やっぱり周りにうつしていないかなという」

東京・新宿区の劇場で上演された舞台「THE★JINRO」。

これまでに俳優の山本裕典さんや舞台の原案を担当した有村昆さんら37人の感染が判明している。

その6日間に及ぶ全公演の観客ら850人が、濃厚接触者に認定された。

わたしたちは、その1人である女性に話を聞くことができた。

濃厚接触者と認定された女性(20代)「結局、濃厚接触者になっていても発熱等とか、症状が何もないので、すぐに検査を受けられない形でした。早く受けて、陰性なのか陽性なのか知りたい」

劇場に出入りした850人全員に、PCR検査を受けるように求めている東京都。

なぜ全員が、濃厚接触者とされたのか。

都の聞き取り調査に対し、主催者側は「出待ちはなかった。把握しきれていない可能性がある」と答えたという。

劇場から出てくる出演者をファンが待つ「出待ち」はなかったとしつつも、把握しきれていない可能性があるという説明。

しかし、舞台を観劇した別の女性からは、こんな証言が。

7回観劇した女性「(スタッフが)『解散してください』とアナウンスはしているが、言っているだけで、いなくならなくても、放置というんですかね、そのままみたいにはなってましたね」

ネット上には、出待ちしたとみられるファンから「握手してもらった。しばらく手洗わない」との投稿が。

さらに主催者側は、都の聞き取りに対し、「最前列の客にフェイスシールドを配布した」と話しているが...。

濃厚接触者と認定された女性(20代)「フェイスシールドなど着けている人いませんでしたし、あとは、マスク着用とかは、してない人に対し、注意しているスタッフさんとかはいなかった。ぎゅうぎゅうに座っている感じがあったので、ソーシャルディスタンスどうなのかなって思いました」

全観客が、濃厚接触者となる衝撃の事態。

さらに、14日から始まる予定だった舞台も、急きょ中止となった。

実は、この舞台に出演する俳優が、「THE★JINRO」を観覧していたことが判明したため。

これまでに、観客の感染は、神奈川や千葉・群馬・栃木で確認され、濃厚接触者の中にも、東京以外の人が多数含まれているとみられる。

濃厚接触者と認定された女性(20代)「電車を利用して帰りました。1時間半ぐらいです。その間にうつしてしまっているかもしれないっていうのはあります」

850人がその後、電車移動や職場などで多くの人と接触していた場合、今後、さらに感染が拡大するおそれがある。