ドライブレコーダーがとらえたのは、まさかの事故の瞬間。

7月1日、東京・新宿区で撮影された。

交差点を左折しようとすると、画面右側から信号を無視して直進してきた1台の自転車が現れる。

特徴的なリュックを背負った、ウーバーイーツの配達員。

車道の真ん中で堂々とペダルをこぐ配達員。

届け先の地図でも見ているのか、時折、下を向く様子も。

そして、この直後事故は起こる。

左車線を走っていたタクシーが前の車を避けるため、車線を右に変更したところ、自転車と接触。

配達員は転倒したものの、すぐに立ち上がった。

撮影者「タクシーの運転手さんが降りて駆け寄っていった感じですね。ウーバーの人も転んだときにですね、ぶつかったとき、笑ってるんですよ」

コロナの影響で需要が急増している配達サービス。

その一方で、事故も少なくない。

2020年4月には、東京・杉並区の住宅街で、自転車に乗る21歳の配達員が乗用車と衝突。

その後、死亡した。

今回の事故映像をもう一度見てみると、自転車に乗る配達員は、前を走るタクシーを避けるどころか、近づいているようにも見える。

撮影者「(自転車が)寄っていってますね。たぶんスマホを見てたんじゃないかな。スマホ見ながらですね、地図で見て届け先の地図を見ながら運転していると思う」

警視庁によると、都内で発生した自転車の事故は、2020年1月から6月までにおよそ5,000件。

配達員の事故も相次いでいることから、配達業者にも注意喚起や指導をしていく方針。