多くの人を悩ませる夏の天敵、「蚊」。
各地で続々と梅雨入りが発表され夏本番が迫るこの時期、早くも家の中で蚊と遭遇し、意外な方法で見事仕留めたという報告があった。

その方法が、「素手を使わずに簡単・確実」だとしてツイッターで8万6000以上の「いいね!」を集め、話題となっている。
蚊を逃がさず捕まえることができるという必殺技はこれだ!



ふかふかの敷物に鎮座するローラー式の粘着テープクリーナーに、静かに貼りついている黒いもの…蚊だ。

投稿者のAnTytle Gaming World(@AnTytle)さんは、夏に向けての豆知識として、粘着テープクリーナーを使った蚊の捕獲法を紹介。
「手だと、体温と臭いを察知して寸前に逃げられるけど、コロコロなら近づけても逃げない。勢いもいらずピトッとくっつけて終わり」だというのだ。

身近な掃除道具を使った意外な方法に、「この発想はなかった…すごい!」「蚊を直接触るのはイヤなのでやってみたい」「他の虫にも使えそう」など、賞賛のコメントであふれた。

この対処法はどのようにして編み出されたのか? 捕獲のコツとその確率は?
投稿者のAnTytle Gaming Worldさんに聞いた。

蚊がとまっている壁に対して垂直に…

ーー捕まえた場所はどこ?

自宅の天井にとまっていました。
夕方に窓を開けていたので、そこから入ってきたんだと思います。彼が今年初めての蚊です。

ーーアイディア誕生のきっかけは?

昔から蚊に刺されるほうで、小学生の頃は「どれくらい蚊に刺されるか」という勝負のようなことをよくしていました。
「俺今12か所刺されてる!!」と言って自慢したり…
夜中に現れる蚊を、いかに高確率でやっつけるかを探求した結果、粘着物のコロコロに行きつきました。

ーーいつからこの捕獲法をやっている? 捕獲率はどれくらい?

4年前、大学のボロアパートに住んでいた時からです。隙間から蚊が多く入ってくる部屋でした。
確率は70~90%くらいですね。


現在は、学生時代に比べて蚊があまり入ってこない部屋に住んでいるそうだが、実は投稿した6月7日の3日後(6月10日)に、今度は壁に張り付いた状態の蚊を発見。
同じ方法で2匹目もキャッチしたという。

寄り添うように並ぶ蚊たち…(画像提供:AnTytle Gaming Worldさん)
この記事の画像(3枚)

ーー3日間、蚊が付いた状態で粘着テープクリーナーを保管していたのはなぜ?

時間の経過で、蚊の水分量や色の変化を観察したかったからです!
(研究者とかでは全くないです)

ーー粘着テープクリーナーに特別な仕掛けはある?

スーパーなどに売っている普通のコロコロです。
何の仕掛けもありませんね。

ーー捕獲のコツや注意することは?

蚊がとまっている壁に対して垂直に、そしてゆっくりくっつけると逃げられません。飛んでいく場合もありますが…
心構えとしては、「逃げるなよ~」と念じることですかね。

ーーそのときの気持ちは?

「さんざん邪魔しやがって!」と腹を立てた気持ちで捕獲します。
でも、いざ捕まえて死骸を見たときは、「君も生きるためだったんだね」と冷静な気持ちになります。



様々なジャンルのゲーム500種以上をプレイし、YouTubeでゲームのトリビアや歴史を振り返る動画を配信中だというAnTytle Gaming Worldさん。
「飛んでいる蚊はどうするの?」というコメントに対しては、「コロコロをバット代わりに野球の練習と思えばいいです。動体視力も格段に上がるかもしれません(笑)プレイステーション2に『蚊』というゲームがあるので、みなさん是非プレイして蚊の気持ちにもなってみましょう」と答えてくれた。



確率は70~90%くらいというこの方法だが、あくまでも投稿者が編み出した我流。是非、その道のプロにも確認してみたい。

蚊の対処法として、粘着テープクリーナーは本当に効果的なのだろうか?
蚊を撃退するツールとして思い浮かぶのは、やはり「蚊取り線香」ということで、明治18年(1885年)の創業以来、家庭用殺虫剤や衣料用防虫剤を展開するKINCHO(金鳥)でおなじみの大日本除虫菊株式会社の担当者に聞いてみた。

「この方法は今回初めて知りました」

ーー「手だと、体温と臭いを察知して寸前に逃げられる」というのは本当?

蚊は、メスだけが産卵のための栄養源として吸血をします。
人や動物を狙う時、二酸化炭素の濃度や体温、汗のにおいなどを目印に、それらが高く感じられる場所に近寄っていくのです。
しかし、蚊取り線香でも発生する「煙」そのものを嫌うという習性があるので、何かが急に飛び出してくると避けるのではないかと思います。

ーー粘着テープクリーナーは効果的だと思う?

この方法は、今回はじめて知りました。「無機物なので感知されない」という可能性については、何とも言えないです。
「直接手で捕まえるよりも慎重になっている」ということが関係しているのかもしれません。


ーー蚊が発生しやすい場所・狙われやすい人の特徴は?

蚊は水中に産卵し、ボウフラ(幼虫)から成虫に成長します。
発生源になるのは水のある場所で、水温が15℃を超えると活動しはじめます。
4月末頃からよく見かけるようになり、水田や家の周りにできた水たまり、鉢植えの受け皿にたまったわずかな水でも発生します。
狙われやすい状態としては、汗がそのままになっていたり、運動後などの呼吸量が多い時です。

ーー蚊取り線香と粘着テープクリーナーのそれぞれの利点は?

蚊取り線香には、殺虫成分が入っています。燃えている部分の手前、温度の低いところから成分が揮散し、煙に乗って広がるという仕組みです。
煙が出ない液体式や電子マットタイプもありますが、線香と同じく殺虫成分が含まれています。

粘着テープクリーナーは、「手で蚊に触れるのが苦手」という方や「つぶした時に血が付くのが嫌」という方にとっては、いいアイディアですね。
目の前に蚊が見えている場合は効果的だと思いますが、蚊は部屋に侵入すると見つからないように隅でじってしているので、姿が確認しにくい場合は、殺虫剤をうまく使っていただきたいと思います。



蚊の対処法のプロも初めて聞いたという、粘着テープクリーナーでの捕獲法だが、状況によっては「いいアイディアかもしれない」との回答を頂いた。
蚊取り線香は「蚊を寄せ付けない」ために使い、粘着テープクリーナーで「仕留める」というように、2つを組み合わせれば、もう蚊を恐れなくてもよくなるかもしれない。