7月11日北海道旭川市の歩道上で倒れているのが見つかり、その後死亡が確認された女性は、市内に住む女子高校生だったことがわかりました。警察は、事故と自殺の両面で調べています。

 7月11日午後4時前、北海道旭川市の中心部1条通8丁目の9階建ての商業施設前の路上で「人が倒れている」と警察に通報がありました。

 現場はJR旭川駅近くの人通りの多い歩道上で、女性が血を流して倒れていて、病院に運ばれましたがまもなく死亡が確認されました。

 その後の調べで、死亡したのは旭川市内に住む10代の女性高校生だったことがわかりました。

 警察は、女子高生が商業施設の屋上から転落したとみて、事故と自殺の両面で調べています。

 警察によりますと建物の屋上には、遺書などはなかったということです。