春に環境変化があった社会人に「6月病」リスク

いわゆる「5月病」は、受験勉強を頑張ってきた学生が、入学後に燃え尽きて目標を失い、5月頃に学校を休みがちになることを指す。
同様のことが、社会人とりわけ新人の場合は、6月頃に見られることが多く、近年「6月病」と呼ばれるようになった。

元気だった人が「笑わなくなった」「無表情になった」「あいさつをしなくなった」「突然場違いに泣きだす」「食事等に誘っても断るようになった」といった様子がみられるときは「6月病」かもしれない。

この記事の画像(4枚)

なぜ5月でなく6月なのか?

4月は新しい環境に慣れるために、ストレスが溜まりやすい。
GWで多少は英気を養い、何とか5月は乗り越えても、6月に入って、研修も終わり、職場に配置されると仕事の厳しさに直面する。
「こんなはずじゃなかった」と失望したり、人間関係で悩んだり…。

6月に祝日がないことも、精神的な負担を増すといわれている。
新入社員だけではない。春に異動や転勤をした中堅社員、中間管理職も、新入社員より相談できる相手が少ないケースも多いため、「6月病」のリスクがある。

ジメジメ天気が自律神経に悪影響

心がどんよりしてしまうのは、ジメジメした6月のお天気も無関係ではない。
梅雨は気圧が低く、不安定になり、日照時間が減ることで、自律神経に悪い影響を及ぼすといわれている。 

梅雨という時期が大きく影響するため、社会人だけでなく主婦の場合も似たような症状があり、「家事6月病」と呼ばれたりする。

「6月病」=「適応障害」は人口の1%

「5月病」も「6月病」も、名付けたのはマスコミ等であり、正式な病名は「適応障害」ということになる。

「適応障害」とは、新しい環境に適応できないことが原因で、ストレスが情緒面や行動面に、大きな影響を及ぼす病気。
情緒不安や神経過敏、体の不調が現れたりする。また、無断欠勤や暴飲暴食、無謀運転などの行動に現れることもある。
適応障害の割合は、人口の約1%(ヨーロッパでの報告)といわれている。

6月を過ぎれば症状は治まる?

「6月病」=「適応障害」は急性疾患だが、「うつ病」は慢性疾患。
「6月病」は会社が休みの日は、憂うつ気分がラクになるが、「うつ病」の場合は、常に憂うつで何も楽しめない状態が続く。

しかし「6月病」も、ストレスが慢性的に存在する場合は、症状も慢性に経過する。長引くと「うつ病」に移行してしまう可能性もあるので要注意。
実は、「適応障害」と診断された人のうち40%以上が、5年後には「うつ病」などに診断名が変更されている(厚生労働省調べ)。

「幸せホルモン」を増やして予防を

「6月病」にならないための予防策として、神経伝達物質「セロトニン」が1つのポイントになる。
「セロトニン」は、心身の安定や心の安らぎなどに関与することから『幸せホルモン』とも呼ばれる。「セロトニン」が不足すると、うつ病に陥りやすいといわれている。

そのための対策は、次の4つ。

(1)リズミカルな運動
セロトニン活性化には、ジョギングやウォーキングなど、リズミカルな運動が良いとされている。

(2)たんぱく質の摂取
セロトニンの主原料はアミノ酸「トリプトファン」で、たんぱく質豊富な食品に含まれている。

(3)十分な睡眠
セロトニンを増やすには、睡眠時間をしっかり確保して、朝は太陽の光を浴びるようにしよう。

(4)OFFタイムの充実
意識的にON/OFFの切り替えをし、帰宅後や休日は、趣味などに集中を。


いかがだろうか?ぜひできることから取り入れてみてほしい。

(成城グランクリニック院長 信太 暁子)