食を通して地域の魅力を発信する岩手県久慈市の道の駅の中にある食堂「北三陸にしやま食堂」を紹介します。地元の「おいしい」が集まっています。

岩手県の沿岸北部にある交流拠点施設「道の駅いわて北三陸」のフードコートには、地元の「おいしい」を集め、地域貢献に励む店「北三陸にしやま食堂」があります。

代表 工藤統永さん
「過疎化が世の中で話題になっている。おいしいものを届けることによって、(地域の)魅力を発信できればと思っている。オススメは地元の魚を使った北三陸海鮮丼」

使っているのは、久慈市が力を入れて養殖に取り組んでいる「琥珀サーモン」です。
北三陸の荒波で育てることで、身が引き締まり上質な脂がのっています。

縁起の良い紅白を意識し、漬けにしたヒラメを合わせました。
トッピングは玉ネギ、大葉、卵の黄身です。サーモンの贅沢なうまみと甘みが引き立ちます。

久慈産のヒラメはさっぱりとした味わいで、しょうゆを使った特製の漬けダレが、食欲をそそります。

代表 工藤統永さん
「カツオとコンブのだしを用意している。だし茶漬けとして楽しめる」

ふんわりとしたダシの香りで、サーモンのおいしさを余すことなく味わえます。

代表 工藤統永さん
「久慈育ち琥珀サーモンを知ってもらい、興味を持ってもらいたい。地球環境が悪くなって魚がとれない時期。1次産業の人が困っている。それで琥珀サーモンという形で販売している。(料理として)提供することで、その背景を皆さんに伝えたい」

食で地域を盛り上げようと奮闘する工藤統永さんは、洋野町で仕出しや移動販売をしている「にしやま」の代表で、料理人としても20年以上腕を振るってきました。

その経験を生かして作るから揚げには、北三陸のおいしい食材がつまっています。

代表 工藤統永さん
「洋野町には純和鶏という純国産の鶏肉を養鶏しているところがある。その鶏肉を使い、“ひろのから揚げ”という形で販売している」

純和鶏の特徴は弾力のある食感と強いうまみです。
外はサクッと、中ジューシーに揚げることで、その魅力を最大限に引き出しています。しょうゆベースの濃いめな味付けは絶品です。

北三陸だけではなく広く県内の食材をという思いから、提供しているメニュー「二戸・佐助豚ホルモン丼」もあります。

二戸市、佐助豚のホルモンは300gというボリュームで、たれは花巻市の佐々長醸造の味噌をベースにしています。驚くほど柔らかな食感も相まってたまりません。
洋野町、舘豆富店の豆腐も一緒に食べると、しっとりとした食感と大豆のうまみが溢れます。

代表 工藤統永さん
「この地域を元気にすることがコンセプト。地元の食材を発信することによって、興味を持っていただき、地域を元気にしていければと思っている」

食を通して地域とつながり、活性化を目指しています。

岩手めんこいテレビ
岩手めんこいテレビ

岩手の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。